倒産(破産)するにも、結構お金が必要です。

もし親族・友人・知人に連帯保証人になってもらっていた場合、その方達も同時に
破産して頂くことになる可能性が高いです。
できるなら、その費用くらいは出してあげたいですし、出して貰いたいですね。

そして破産後、免責決定を受け、再生を目指す時に障害となりやすいのが、親族・
友人等の連帯保証分です。
保証金額が大きい場合は、対象しようがありませんので、連帯保証人には破産して
頂くしかありませんが、頑張れば返済可能な金額である場合、連帯保証人は破産せず、
自己努力で保証分を支払います。(自己所有の住居があったりすると。)
ビジネスでの取引ではなく、信頼しくくれた身内・友人に負担を掛けるのは一般的に
心苦しいものがあり、免責を受けても少しずつ返済して行く方が多いのも事実です。
可能なら、連帯保証人から外す努力をしましょう。

ちなみに、下の「破産手数料」は、弁護士さんへの報酬は含まれていません。
また、会社(法人)・個人(自然人)・連帯保証人のそれぞれに費用が加算されて
きます。

更に、事務所やお店がある場合、この始末(解約等)にも結構お金が必要となる場合が
あります。


       破産手数料一覧 (東京地方裁判所の場合)

<申し立て手数料>
個人自己破産及び免責の申し立て 900円
法人自己破産申立 600円
債権者破産申立 10,000円
<予納金基準額>
同時廃止 14,170円
同時廃止でない場合 20,000円
小額管財事件 200,000円
<破産管財人選任事件>
負債総額 法人 個人
5000万円未満 70万円 50万円
5000万円〜1億円 100万円 80万円
1億〜5億未満 200万円 150万円
5億〜10億未満 300万円 250万円
10億〜50億未満 400万円 400万円
50億〜100億未満 500万円 500万円
100億〜250億未満 700万円 700万円
250億〜500億未満 800万円 800万円
500億〜1000億未満 1000万円 1000万円
1000億円以上 1000万円以上 1000万円以上

さて「Xデー」を迎えるためには、御社(あなた)の場合はいくら必要でしょうか?
「倒産」と言っても、綺麗(賢い)倒産と、最悪な倒産があります。
ダメなものはダメ。と現状把握し、最大限の準備により有終の美を飾って下さい。
苦労はあっても、最後が良ければ必ず応援者が現れ、再起することができます。